シャドーバンキング解体新書中国の不動産バブルの原因となっている、謎の金融システムの実体

中国株の空売りやベア型ETFで儲けられるか?

シャドーバンキング問題が収束、すなわち不動産バブルという悪い膿を出し切るまで、中国への投資は控えた方が良いというのが、当サイトの結論です。しかし、中国株が暴落するのが確実だというのであれば、それを逆手にとって稼げないのか?と考える人も、居るかもしれません。中国株が下落する際に、その値動きを利用して稼ぐ最も簡単な方法としては、以下の二つが考えられます。

ところが、結論から先に言うと、中国株の暴落を先回りして、これらのETFで儲けようという考えは、お勧めできません。どちらの方法も、保有し続ける事自体が、多大なリスクを背負う行為になることが理由です。

まず、上海株ETFを空売りするという方法です。このETFは、中国本土株である上海総合指数とほぼ同じ値動きをします。このETFの空売りは、上海の株価が暴落すれば利益を上げられますので、弱気相場の状況では有効そうに思えます。しかし、空売りには二つの致命的な問題があります。

一つ目は、空売りには保有コスト(逆日歩)が掛かる事です。逆日歩とは、空売りをする際に毎日かかってくるコストの事で、銘柄毎、またその時々の時勢によって変化します。投稿執筆時(2013年8月初頭)の上海株ETF【1309】の逆日歩は、一株あたり5円となっています。1ヶ月で約150円のコストとなり、現在の株価(約17000円)の1%近くに相当します。1年間空売りを続ければ、約10%のコストとなります。空売りは、買い持ちの場合には掛からない余計なコストが、これだけ掛かってしまうのです。

空売りのもう一つの問題点は、利益は限定的だが、損失リスクが無限大である事です。17000円の中国株ETFを1株空売りする場合、最大の利益は17000円〜即ち株価が1円にまで下がった場合ですから、利益率は100%までとなります。しかし、逆に株価が上昇した場合、天井というのは存在しません。株価が3倍になれば損失は200%(34000円)、5倍になれば400%(68000円)の損失が発生します。通常の買い持ちの場合、損失は買値の100%まで・利益は無限大ですが、空売りの場合はその真逆になってしまうのです。言い換えると、空売りは買い持ちに比べて「ハイリスクローリターン」な投資となる訳です。

ベア型ETFはボックス相場でも下落する危険な商品

もう一方の「中国H株ベアETF【1573】」は、更にタチの悪い金融商品です。このETFは「ベア型」といい、基本的に株価指数とETFの株価が逆行する商品です。ところが、ベア型ETFには空売り以上に大きな、致命的な問題点があります。

ベア型ETFの価格変動イメージ図ベア型ETFは、株価が小幅に上下をくり返す「ボックス相場」でも、価格が減価していくというタチの悪い性質があります。具体的には、株価100円の銘柄が、翌日に90円に下がり、翌々日に100円に戻ったとします。買い持ちの場合も、空売りの場合も、株価が元に戻ったこの時点では、損失は発生しません。

ところが、この銘柄のベア型ETFは、97.8円に減価してしまうのです。その理由は、ベア型ETFの株価は「元の株価の変動率のマイナス倍動く」というルールに基づいているからです。100円⇒90円の値下がり率は10%なので、ベアETFは10%値上がりして110になります。しかし、90円⇒100円への値上がりは約11.1%なので、ベアETFは110から11.1%下落するので97.8になります。計算すれば分かりますが、逆のケース〜株価が上昇⇒下落の場合でも、やはりベアETFは100を割り込みます。

このような仕組みのため、ボックス相場で株価が上下動をくり返すと、ベアETFの株価はジリジリと削られるように下落していくのです(右イメージ図)。逆日歩にもよりますが、空売りよりもベアファンドの方が「株価が平穏な状態」が続くほど、損失が大きくなっていくのです。

ということで、空売りにせよベアETFにせよ、中国株が上昇した場合は無論、だらだらと現状維持が続いても、日々損失が拡大していくという、極めてハイリスクな戦略なのです。空売りもベアファンドも、長期戦には明らかに不利な商品です。中国のシャドーバンキング問題が、いつバブル崩壊するのかは誰にも分かりませんので、これらの投資戦略を行う事は、決してお勧めできません。

◆関連ページ;上海総合指数(構成企業と割合)〜金融業に偏っており、不動産バブルの影響大。

基本情報 シャドーバンキングとは? シャドーバンキングの仕組み シャドーバンキングの規模 中国は不動産バブルなのか? 日本の不動産バブルとの類似点 サブプライム問題との共通点 規制は難しい 
経済への影響 世界経済への影響 日本への影響 問題の解決方法は? 破綻(デフォルト)は避けられない 人民元の切り下げもあり得る?
中国への投資 中国株への投資は控えるべきか? 空売りやベア型ETFで儲けられるか?
シャドーバンキング解体新書
Copyright (C) 2013 shadowbank.nobisiro.com All Rights Reserved.